「K」ED1-冷たい部屋、一人
歌:小松未可子 作詞:atsuko 作曲:atsuko、KATSU 編曲︰KATSU

冷(つめ)たい部屋(へや)の隅(すみ)に
射(さ)し込(こ)んできた夕陽(ゆうひ)だったら
近(ちか)づいてみても感情(かんじょう)は無(な)くて
裏切(うらぎ)りも無(な)い

今日(きょう)も明日(あした)も一人(ひとり)で
きっとそれが普通(ふつう)のことで
交(か)わす言葉(ことば)も無(な)く
一日(いちにち)を終(お)える時(とき)

例(たと)えば 優(やさ)しさは どれくらいの
ぬくもりかも知(し)らないで
そんなに そんなに 簡単(かんたん)じゃない
心(こころ)の距離(きょり)

冷(つめ)たい部屋(へや)の隅(すみ)に
小(ちい)さくなったまま

変(か)わること恐(おそ)れて
変(か)わらないこと諦(あきら)めて
流(なが)されてるフリして
私(わたし)が決(き)めてるだけ?

それだけ?

明(あか)るい 世界(せかい)が 窓(まど)の向(む)こう
広(ひろ)がってるの見(み)えるよ
この手(て)で この手(て)で 触(さわ)れるのかな?
現実(げんじつ)の距離(きょり)

優(やさ)しさ ぬくもり さえも
向(む)こうに 見(み)えてる?

冷(つめ)たい部屋(へや)の隅(すみ)に
転(ころ)がってる心(こころ)の鍵(かぎ)を
今(いま)はまだね見(み)て見(み)ないフリ
ずっと在(あ)るのにね

    文章標籤

    K 冷たい部屋、一人

    全站熱搜

    shijiechen 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()